けいわ緩和ケアクリニック
TEL.097-535-7935
FAX.097-535-7936

けいわ緩和クリニック

テストページ

クリニックについて

医師紹介

院長 伊東 威(いとう たけし)

けいわ緩和ケアクリニックは、緩和ケアを専門に診療するクリニックとして、特にがんの方の全人的苦痛(身体的苦痛・精神的苦痛・社会的苦痛・スピリチュアルな苦痛)の緩和ケア治療を、訪問診療および外来診療で行います。
在宅においても、積極的にPCAポンプを使用した医療用麻薬持続注射による疼痛管理を施行し、腹水穿刺、胸水穿刺、輸液管理、在宅酸素療法、持続的もしくは間欠的な鎮静等の総合的な緩和ケア治療により、望まれる場所で、穏やかに、その人らしく過ごして頂けるような医療・ケアを提供します。

略歴

1999年 福岡大学医学部卒業・福岡大学病院 第一外科入局
2008年 学位取得(医学博士・福岡大学)
2009年 Baylor University Medical Center, Baylor Research Institute(アメリカ合衆国) Postdoctoral Fellow
2012年 福岡大学医学部 再生・移植医学講座 助教
2015年 福岡大学病院 再生医療センター 講師
2016年 福岡大学病院 再生医療センター 診療准教授
2017年 社会医療法人共愛会 戸畑リハビリテーション病院 緩和ケア医長
2021年 社会医療法人敬和会 在宅支援クリニックすばる 緩和ケア部長
2022年 社会医療法人敬和会 けいわ緩和ケアクリニック 院長

資格

  • 日本緩和医療学会 認定医・研修指導者
  • 日本外科学会 認定医・認定登録医
  • 日本組織移植学会 評議員
  • エンドオブライフ・ケア協会 認定ELCファシリテーター
  • 医学博士

理念

「望まれる場所で、その人らしく過ごして頂けるような医療・ケアを提供します。」

基本方針

  • 患者さんご本人・ご家族に寄り添い、全人的苦痛・苦悩の緩和に努めます。
  • 患者さんご本人・ご家族にとって何が最善か、その人らしく過ごすためにはどうしたら良いかをチームで一緒に考え、共に歩んでいきます。
  • 患者さんご本人・ご家族が穏やかに過ごせるように、職員自らが穏やかに過ごせるように努めます。
  • 緩和ケアの新しい知見を継続的に学習し、最善の医療をチームで提供できるように努めます。
  • 全ての職員が穏やかに働けるように、職場の環境整備に努めます。

医療ネットワーク

連携医療機関など

保険医療・福祉サービス

各地域の包括支援センターや居宅事業所のケアマネージャー(介護支援専門員) 福祉用具事業所、訪問介護事業所、医療機器取扱い業者など

連携訪問看護ステーション

  • けいわ訪問看護ステーション 大分
  • 大分赤十字訪問看護ステーション
  • 三愛訪問看護ステーション
  • 公益社団法人大分県看護協会 訪問看護ステーションおおいた
  • 訪問看護ステーションいずみ
  • アルメイダ訪問看護ステーション
  • 訪問看護ステーション美晴
  • 訪問看護ステーション結び・セカンド結び

大分市内ほとんどの訪問看護ステーションと連携しています。

入院体制連携機関

  • 大分岡病院
  • 大分県立病院
  • 大分大学医学部附属病院
  • 大分赤十字病院
  • 大分医療センター
  • 明野中央病院
  • 明野中央病院

上記以外でもかかりつけ病院をご希望の場合は入院できるように手配致します。

調剤薬局

  • an 調剤薬局
  • ブンゴヤ薬局
  • 永冨調剤薬局
  • 九州調剤薬局
  • 輔仁薬局
  • まい調剤薬局   など

初診のかたへ

けいわ緩和ケアクリニックは、「どう生きたいか、その為にどんな治療を選択することが最善か」をご本人・ご家族と一緒に考えてゆくことを大切にしています。ご本人・ご家族をより深く理解するために、これまでの治療経過や、大切にされてきたこと、心の支えとなるものなどを初回面談や診療の中で伺います。

訪問診療が中心ではありますが、「通えるうちは通院したい。」というご希望があれば外来対応も可能です。また今はまだ利用しないけれど「将来のため、訪問診療・緩和ケアについてちょっと聞いてみたい。」という方も随時面談を承っております。些細な疑問・不安・ご要望は遠慮なくお話ください。

開始までの流れ

まずはお電話ください 電話番号

ご相談 クリニックに起こしいただくか ご自宅に出向くこともできます

お申込み・ご契約

初回訪問診療

  • 必要なもの

    初回の往診時に保険証、限度額適用認定証、公害医療手帳、被爆者手帳、重度心身障害者医療費受 給者証などを確認させて頂きまので、あらかじめご準備ください。 また服薬中や休止しているお薬やその説明書・お薬手帳などがあれば合わせてご準備ください。

  • 救急診療であっても交通法に基づき、路上駐車することができませんので事前にご自宅の駐車スペースの確認をさせていただくことがあります。

診療案内

診療科目

緩和ケア内科、緩和ケア外科

診療内容

入院や外来と同じような医療行為が行えます。 受けたい治療・医療行為のご希望をご相談ください。

往診・訪問診療

  • 検査( 採血・尿検査・レントゲン・エコーなど)、薬の処方
  • 症状緩和治療(疼痛緩和:鎮痛剤の持続皮下注射も行えます、酸素療法、腹水・胸水穿刺、輸血など)
  • 医療処置(点滴、中心静脈カテーテル挿入、気管切開カニューレ交換、など)
  • 予防接種

*医師以外の職種に、緩和ケア認定看護師、訪問看護認定看護師、特定医療行為研修修了者がおります。
コンサルテーションや研修支援も行っておりますのでご相談ください。

処方箋

院外処方
現在、ご利用の調剤薬局がありましたらお知らせください。
緩和治療に使用する特殊な薬剤の安定的な供給が必要な場合は、調剤薬局を指定させていただく場合もあります。

往診・外来診療

月曜日~金曜日

休診:土・日・祝日・年末年始

24時間連絡体制をとっています。

状態に応じて連携機関と連携をとりながら緊急往診を行います。 体調がすぐれない時は、夜間・休診日も遠慮なくご連絡ください。 一部、外来通院を継続したいというご希望も受けることができます

訪問診療

訪問診療とは

在宅医療(訪問診療)とは、通院困難な患者さんのもとへ医師が定期的に診療にお伺いし、計画的に治療・看護・健康管理等を行うものです。また緊急時には365日24時間いつでも臨時往診や入院先の手配なども行います。

訪問診療では病気の治療は勿論ですが、自宅での療養生活が快適になるように、専門職種と協働してケアにあたります。必要に応じて訪問看護、リハビリ、薬剤管理、栄養管理などからのサービスも受ける事ができます。

料金説明

  • 診療・介護保険(居宅療養管理指導)の費用は、健康保険・後期高齢者医療保険・介護保険等の負担割合(1~3割)に準じて請求させていただきます。
  • 高額療養費制度が利用できます。「限度額適用認定証」「限度額適用・標準負担額減額認定証」をお持ちの方はご提示ください。
  • 自費負担について、当クリニックでは診療書料・その他文書料が医療保険の対象外ですので自費負担となります。

費用等でご不明な点がございましたら、クリニック受付までお問合せください。

求人情報

交通アクセス