大分リハビリテーション病院
TEL.097-503-5000(代)
TEL.097-503-5920(地域連携)

大分リハビリテーション病院

看護部

看護部長あいさつ


看護部長
大嶋久美子

みなさんこんにちは。看護部長の大嶋です。 大分リハビリテーション病院は、何らかの疾患・障がい等により生活機能障害が生じた方の機能回復、生活再建、そしてQOL向上を目指し、退院後もその人らしく暮らせることを目標に多職種で協働しています。看護・介護は24時間患者を看ているという責任・強みを活かし、患者の病態や機能回復の程度、精神的な変化に気づき、常に寄り添う看護・介護が提供できるよう努力しています。医療は、病院完結型から地域完結型へと変化しており、地域の方々とのつながりを強化し、リハビリテーション・ケアが果たす役割である、3早「はやく受けて、早く良くして、早く地域へ」が重要であると考えています。当院看護部は、スタッフが医療を通じて自己成長し、お互いを認め合い、笑顔で働ける職場づくりを目指しています。

看護部理念・方針

[理念]

患者・家族の笑顔と安心・安全を守るため、私たち自身も笑顔・思いやり・自己研鑽を忘れずに努力し、質の高い看護・介護を提供します。

[方針]

患者・家族を尊重し、信頼関係を築く自ら考え、根拠に基づいた看護を実践する患者の回復・自立に向け、多職種と連携・協働したチーム医療を展開する専門職として成長するため、継続的学習に取り組む働きやすい職場環境を整える病院経営に参画する

教育理念・方針

[理念]

病院・看護部理念に基づき、専門職として豊富な知識・技術・態度を習得し、質の高いケアが提供できる職員を育成します。

[方針]

  • 対象を生活者および尊厳ある人として捉え、倫理観に基づいたケアを提供できる職員を育成する
  • 看護・介護職としての知識・技術・態度を継続的に学習し、対象の状態に応じた安全で快適なケアが提供できる職員を育成する
  • 対象の生活行動の獲得、在宅復帰に向け、多職種と連携・協働する実践能力を育成する

[主な計画]

  • 中途採用看護師支援マニュアルを用いた採用時教育
  • ミニ学習会(月2回・全職種対象)
  • セラピストとの合同研修
  • 院外研修・学会等への参加
  • 日本看護協会・回復期リハビリテーション病棟協会をはじめ、各種研修や 学会参加を支援します(出張扱い)。

看護方式・勤務体制

受持ち看護方式・固定チームナーシング
2交代制勤務(看護師・介護福祉士)
日勤  8:30 ~17:30
夜勤 17:00 ~ 9:00
早出・遅出業務あり

部署紹介

東病棟(39床):回復期リハビリテーション病棟入院料1(13対1看護配置)  師長 岡田清美
西病棟(60床):回復期リハビリテーション病棟入院料1(13対1看護配置) 副部長 汐月真由美
整形リハビリテーション外来
          
回復期リハビリテーション病棟認定看護師が3名所属し、看護・介護の質向上を目指しています。また、摂食嚥下ケアチーム、認知症ケアチーム、褥瘡ケアチーム、排泄リハ・ケアチーム等の活動を充実させ、患者さんのQOL向上を目指して、日々取り組んでいます。