大分リハビリテーション病院
TEL.097-503-5000(代)
TEL.097-503-5920(医療連携)

大分リハビリテーション病院

リハパーク

私たちの信条

  • 365日フルタイムリハビリテーション
  • マンツーマンで1日2~3時間のリハビリテーション
  • 在宅生活へ向けたきめ細やかなリハビリテーション・ケア
  • 口腔リハビリの推進、口から食べる事にこだわる栄養管理
  • 尊厳ある排泄リハビリテーション・ケアの実践
  • 先進機器を活用したリハビリテーション
  • 起きて生活する習慣づけの徹底と寝たきりにしない
  • 楽しく、面白いリハビリテーション
  • 入退院時に責任をもったかかりつけ医との連携
  • 退院後6ヶ月、徹底したフォローアップ体制

いつまでも元気に歩くを支援
歩行サポート

ロボティクスリハビリテーションの推進

様々な歩行障害の方々に対して、敬和会で培ってきたリハビリテーションの技術をもとに適切な評価とロボットを使用した先進的な指導を実施し、歩行障害の改善・軽減、予防を図ります。
そして、「いつまでも元気に歩く」を支援します。

  • レール歩行式追随型免荷リフト

    体重を免荷しながらスムーズな移動・停止を繰り返し、安定した自然な歩行訓練を可能にします。
  • HAL
    Hybrid Assistive Limb

  • HONDA 歩行アシスト

  • メンタルコミットロボット パロ

  • トレッドミル

  • 足こぎ車椅子

VICON 三次元動作解析システム

三次元動作解析技術を用い、歩き方や動作フォームを分析し、それが良い動きなのか悪い動きなのかを詳細に評価することが可能となります。全身の動きを捉え、全身の中でその部位がどのように動いているかを分析します。レントゲンなどの静的な評価ではなく、歩行動作などの動的な評価が可能となり、得られた情報はご本人へ還元されるだけでなく、リハビリテーションプログラムの発展に貢献します。

口からしっかり噛んで「楽しく食べられる」を支援
口腔リハケア

摂食・咀嚼・嚥下

人の基本的欲求である「食」に関する支援を行い、多職種がチームで、摂食・咀嚼・嚥下障害のある方々の評価・診断と口腔リハビリテーション・ケアを行います。
そして「1人でも多くの方々が口から楽しく食べられるようになる」ことを目指します。

医科歯科連携

敬和会と地元の大鶴歯科医師会との医科歯科連携を構築しており、その登録歯科医による訪問歯科診療を入院中に受けることができます。歯科疾患の診療と口腔機能向上によって、「しっかり噛んで、おいしく楽しく食べられる口づくり」を行います。

尊厳ある排泄を支援
排尿リハケア

包括的な排尿管理

患者さんの尊厳を守る上で大切なことのひとつは、排尿(おしっこ)の支援と考えています。私たちは“おしっこ支援隊”として「敬和会排尿リハビリテーション・ケアセンター」を設立し、排尿障害の改善を目指します。

膀胱用超音波画像診断装置
リリアム α-200

リハパーク案内図