大分岡病院
TEL.097-522-3131(代)
TEL.097-503-5033(診療予約)

大分岡病院

医療安全推進室

医療安全管理指針

大分岡病院は安全で良質な医療を提供し地域社会に貢献することを目指す。 このため、病院長のもとに全職員の医療安全に対する意識を高めるとともに、事故を未然に回避しうる組織作りと、全職員が安心して働ける環境を整え、労働安全面での管理が必要である。この取り組みを明確にし、当院の安全管理、医療事故防止の徹底を図るため、ここに大分岡病院 安全管理指針を定める。

医療安全管理体制

当院では、1994年4月にヒヤリ・ハット報告の原因分析・再発防止を目的として、事故対策委員会が設置されました。2002年に医療安全委員会と名称を変更し病院長が委員長となり医療安全室を中心に活動した時代を経て、現在は看護部、事務部、各部署の医療安全推進者で構成される医療安全委員会を中心とした体制をとっています。
医療安全委員会は月に1度開催され、当院の組織としての改善に必要な防止対策を検討し、既に策定した改善策が各部署で確実に実施され、有効に機能しているかを常に評価し、必要に応じて見直しを図る事を目的として活動しています。

組織図

組織図

医療安全管理者の病院における位置づけ

医療安全管理者は、院長からの指名を受けて病院全体の医療安全管理を実務的に担当する者。

業務

  • 1) 医療安全管理部門の業務に関する企画立案及び評価を行う。
  • 2) 医療安全対策の体制確保のために、レポート報告書の収集と分析を行い事故防止対策の周知徹を図る。
  • 3) 定期的に院内を巡回し、各部門における医療安全対策の実施状況を把握・分析し、医療安全確保のために必要な業務改善の具体的な対策を推進する。
  • 4) 各部門における医療安全推進者への支援を行う。
  • 5) 医療安全に関連する情報の収集と職員への発信を行う。
  • 6) 患者相談窓口として、医療安全に係る患者・家族の相談に適切にかつ誠実に応じ、相談窓口の担当者とも密接な連携を図る。
  • 7) 医療安全対策に係る体制を確保するための職員研修を企画・実施する。
    • 研修の企画においては、現場の職員だけでなく、各分野の専門家の外部講師を選定するなど、対象及び研修の目的に応じたものとする。
    • 研修への参加状況、参加者の意見・反応を把握し、研修の企画・運営改善に活かすために研修会終了後にアンケート等で評価を行う。
  • 8) 医療事故への対応
    • 医療安全管理者は、事前に事故の発生に備えた対応を検討する。
    • 医療事故発生現場の調査と関係者からの詳細な事実確認を行う。
    • 所属長への連絡等の対応マニュアルに沿った実施。
    • 医療事故に関連した破損器材や処置内容、データ等の保全を行う。
    • 一連の診療や処置、患者・家族への対応や説明内容について、遅帯なく正確に診療録・看護記録等に記載する。
    • 医療事故に関与した職員の精神的ケア等のサポートを行う。
    • 病院管理者が行う当事者以外の職員や他の患者に対する説明、及び地域住民からの問い合わせへの対応を行う。
    • 再発防止のための事例の調査や報告書のとりまとめ等に協力し、あわせて院内各部署への周知を図る。

医療安全推進室構成

  • 部長(医師)
  • 部長補佐(医師)
  • 室長(専従医療安全管理者)
  • 看護師、薬剤師(医薬品安全管理責任者)
  • 臨床工学技士(医療機器安全管理責任者)
  • 診療放射線技師
  • 理学療法士
  • 事務員

医療安全推進室の業務

  • 1) 院内における医療安全対策及び医療防止対策の企画・立案を行う。
  • 2) 医療安全対策マニュアルの作成・改訂を行う。
  • 3) 医療に関わる各部署の情報収集及び実態調査を行う。
  • 4) 医療安全のための教育及び研修の企画・運営を行う。
  • 5) アクシデント・インシデント報告の調査及び分析を行う。
  • 6) 医療安全対策に係わる取り組みの評価等を行うカンファレンス(週1回程度)開催する。
  • 7) 業務改善計画書を作成、それに基づく実施状況、及び、評価結果を記録し保管する。
  • 8) 医療安全委員会で用いられる資料及び、議事録の作成・保存を行う。
  • 9) 患者さんから医療安全に関する相談及び苦情について、医療相談窓口で対応し医療安全推進室が支援を行う。