大分岡病院
TEL.097-522-3131(代)
TEL.097-503-5033(診療予約)

大分岡病院

大分サイバーナイフがん治療センター

サイバーナイフは、1994年に米国スタンフォード大学に導入された放射線治療装置です。日本には1997年より導入され、現在国内で約30台ほどが稼動しています。
当院においては、2004年11月にサイバーナイフⅡが導入され、2016年11月に最新のサイバーナイフM6が導入されております。
このサイバーナイフM6は、全国で4台目、西日本では初となる最新のサイバーナイフになっています。

サイバーナイフとは

『サイバーナイフ』とは、ピンポイントで癌だけを狙って放射線を照射する目的でつくられた、最新鋭の放射線治療装置です。できるだけ癌の部分に絞って放射線照射をすることにより、正常な組織の障害を避けながら癌の根絶を目指す比較的新しい治療の方法になります。基本的には、癌の部分だけに放射線照射をおこないますので、『正常組織との境目が比較的はっきりしている癌』、『ある一定の範囲にとどまっているような癌( 最大5 c m 程度まで)』が主な治療対象となります。C T やM R I検査でも不鮮明な癌の場合や、無数に癌が散らばっているような場合は、残念ながら対象とならないこともありますが、最近では癌の治療方法の1つとして、少しずつ認知されてきている治療になります。
サイバーナイフは、工場で用いる産業用のロボットに放射線の発生装置が搭載されているような形です。精密機器を作るのに用いるのと同じような技術が応用されていますので、狙った病変の誤差は通常1 m m を超えることはないほど正確です。

対象疾患

■ 脳腫瘍(頭蓋内腫瘍)、転移性脳腫瘍(脳転移)
髄膜腫、神経鞘腫、下垂体腺腫などの良性の腫瘍
■ 頭頸部腫瘍、耳鼻科領域の腫瘍や歯科口腔領域の腫瘍
耳下腺や咽頭などの癌、口腔癌、頸部リンパ節転移など
(各種治療後に頸部に再発された方が主な対象になります)
■ 体幹部腫瘍
肺癌、肝臓癌(原発性、転移性)、胸腹部リンパ節転移、脊椎転移、その他の骨転移
■ その他
血管奇形などの良性病変

※ 治療する腫瘍の数が多い場合や大きすぎる腫瘍は対象になりません

2017年度 実績

頭部 転移性脳腫瘍・原発性脳腫瘍 66
頚部 頭頸部腫瘍 11
肺癌 12
肝臓 肝臓癌 40
その他 転移性骨腫瘍 6
脊椎・脊髄腫瘍 18
その他〔体幹部〕 7

外来診療日

ご予約・お問合せ

お電話にてご予約を承ります。
大分岡病院コールセンター
097-503-5033
予約受付時間/8時~17時まで(日・祝日は除く)