大分岡病院
TEL.097-522-3131(代)
TEL.097-503-5033(診療予約)

大分岡病院

看護部 研修報告

12誘導心電図ステップアップ研修(虚血コース)

平成29年10月14日(土)
12誘導心電図ステップアップ研修(虚血コース)を行いました。
講師は日本光電工業株式会社の坂本真一郎様です。講義をご依頼して10年近くなります。
ベーシックコースで学習した心電図の基本を踏まえ、12誘導の基礎を学習し、一つの誘導だけでは判読が困難な「心筋虚血」「脚ブロック」等の心電図を学習しました。

解剖・生理を深く掘り下げ「心筋活動電位」の変化が心電図の変化として現れ、特に虚血時に心筋活動電位の変化を把握し、特徴的な心電図変化である「ST変化」の機序を学びました。
「誘導法」「誘導軸・心ベクトル」等を学習し、各誘導の意味、各誘導の波形の大きさ等も理解し、これにより虚血時あるいは脚ブロック時にどの誘導に特徴的な心電図変化として現れやすいかを学ぶことができました。

平成29年度 ふれあい看護体験

平成29年10月14日(土)
大分県看護協会主催の「平成29年度 ふれあい看護体験」で高校生の体験受入れを行いました。
今回は鶴崎高等学校2・3年生の女子6名です。
看護師のユニホームを着て頂き、吉住看護部長より委嘱状を受け取った後、敬和会グループと大分岡病院の概要や看護師になるための道には看護専門学校や看護大学に進学し、国家資格を取得するなどの説明を聞きました。その後病院内を見学し、3病棟・5病棟で実際に患者さんの血圧測定や、聴診器の使い方や包帯の巻き方・足浴などを看護師と一緒に行って頂きました。
体験を終えて、学生さんは看護師になりたい気持ちが強くなった。看護師の仕事にやりがいを感じる。看護師の患者さんへの対応やお世話の仕方がかっこよく看護師に憧れる。等の意見を頂きました。